UMU新機能 App4.13

皆様、こんにちは!UMUチームです。

いつもUMUをご利用頂きまして誠にありがとうございます★

今回は、App4.13の新機能についてご紹介をさせていただきます。


主な変更点

1.試験機能:新しい問題を作成する際に、前の問題の配点を引き継ぐようになりました。
2.星評価の改善:実名で評価することができるようになりました。
3.文章、ファイル、図説の改善:詳細設定で画面の表示をカスタマイズできるようになりました。


1.試験機能

UMUの試験機能で、問題ごとに正解した時の配点を設定することができます。次の問題を作成する際に、前の問題の配点が自動的に引き継がれるようになりました。

例えば、Q3の配点を20点を設定し、Q4は特に変更をしなければ、Q4の配点も20点になります。また試験の満点は必ずしも100点ではなく、各問題の配点の合計点数となります。


2.星評価の改善

UMUでは、講師が作成したコンテンツセッション(文章、ファイル、動画、図説、音声スライド)に対して、受講生が星評価することができます。

受講生がUMUにログインしていれば、ログインしたアカウント名で評価することができます。

コンテンツに対して誰がどのような評価をしたか、講師側での確認方法を以下にてご案内します。

受講生側での評価方法

文章、ファイル、動画、図説、音声スライドのページの右下にある「評価」をタップすると、星評価のポップアップが表示されます。


評価は一度のみ入力することができます。評価後、編集または削除することはできません。

また、動画と音声スライドに関しては、再生後に「評価」のポップアップが表示されます。


ポップアップを自動的に表示させたくない場合は、コースの詳細設定で、「動画や音声ライドの再生後に自動的に評価ポップアップ表示」のチェックを外してください。


講師側での確認方法

・Appでの確認方法

①セッションのタイトルの部分をタップします。

②下に少しスクロールすると、星評価の点数とコメントを確認することができます。

点数のみでコメントが入力されていない場合は、Appでは星評価した人の名前を確認することはできません。評価の詳細を確認するには、PC画面でExcelをダウンロードしていただく必要があります。

・PCでの確認方法

ファイルの評価を確認する手順を参考例として下記ご説明します。

文章、動画、図説、音声スライドは同様の手順になります。

①ファイルセッションの「・・・全表示」をクリックし「ダウンロード」をクリックします。

②Excelを開いたら「採点」シートをクリックします。

ここで評価者の氏名、ユーザー名、グループ、星点数、評価内容、評価時間を確認することができます。



3. 文章、ファイル、図説の改善

文章、ファイル、図説の詳細設定でコース作成者の情報の表示/非表示ができるようになりました。講師が必要に応じて画面をよりシンプルに見せることができます。

文章セッションでは、文字数とスピードの表示/非表示を設定することができるようになりました。

・文章セッションで作成者、文字数とスピードを表示に設定した場合の画面

・作成者、文字数とスピードを非表示に設定した場合の画面


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私達UMUは、企業様向けに研修のオンライン化やリモート学習の無料相談会を毎日実施しております。

また、私達UMUは常に最先端のテクノロジーと学習情報をアップデートしておりますので、お困りごとや、追加で必要な情報のご要望などございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

▼UMUオフィシャルウェブサイト

https://umujapan.co.jp/

▼各種お問い合わせフォーム

https://learning.umu-japan-blog.com/

▼8月テーマ別オンライン勉強会

https://learning.umu-japan-blog.com/posts/8930388

▼無料相談会の予約ページ

https://umucs.youcanbook.me

UMU マイクロラーニング ブログ

人事、人材開発、学習する組織作りに関わる人たちへ。 最新のラーニングテクノロジーや、学びで企業の生産性を高める方法をお届けします。