【ファシリテーション編】オンライン研修を成功させる4つのポイント

効果的で魅力的なオンライン研修を実施するには、以下の4つのポイントを抑えておくとよいです。

本日はファシリテーション編についてご紹介致します。


ファシリテーション編

1. 参加者を知る

・一定の間隔で音量、明瞭さ、ペーシングについて確認し、参加者からのフィードバックに応じて調整します。

明確な日常用語で話し、自然で魅力的な声で参加者のエンゲージメントを高めることを目指しましょう。

・パソコンのデフォルトのマイクではなく、ヘッドセットを使いましょう。


2. 双方向な学び環境

・セッションを始める前に、可能な限り参加者に自己紹介をしてもらいましょう。

・さまざまな方法で出席者に呼びかけます。

 例:チャット、ハンズアップ、投票、カーソルトラッキングなど

・参加者がディスカッションする間には、あなたは話を止めてチャットフィードの内容をキャッチアップする必要があるかもしれません - それは全然OKです!


3. バーチャルクラスルームツールの活用

・2人目の担当者をアサインし、技術的な問題を対応してもらう。

・参加者が利用する前に、各機能の使い方を明確に説明する

・セッション開始前に本番で使うツールを使ってプレゼン練習をする

・チャットの一部を声に出して読み上げる

・チャットフィードが混雑している場合は、進行を一時停止して要点を読み上げる


4. セッション終了後のサポート

・プレゼンテーションの最初または直前に配布資料を用意し、参加者がメモを取れるようにしておく

・セッション後の熱を維持するために、記録されたプレゼンテーションのコピーをアーカイブする

・セッション後1~2日以内に参加者にお礼のメールを送る


参考記事:VIRTUAL INSTRUCTOR-LED TRAINING TIP SHEET

https://cdn.ymaws.com/www.l-ten.org/resource/cform/2632532/20200317_131640_28069.pdf

※この記事は、オリジナル記事の一部の概要を紹介するものです。正確な内容はオリジナル記事をご参照ください。

UMU マイクロラーニング ブログ

人事、人材開発、学習する組織作りに関わる人たちへ。 最新のラーニングテクノロジーや、学びで企業の生産性を高める方法をお届けします。