【Tips】在宅時に自分をケアする6つのヒント

こちらの記事はUMUアンバサダーのShannon Tipton氏からのメッセージです!


在宅ワークリストを検索してみたら、“早起きして、身支度して、朝食取って、計画を立てて、静かな環境を整えましょう”といったようなものをご存知でしょう。現実には、ほとんどの人がこのような基本的なことができなくて苦労していることでしょう。同じく在宅ワークをしているパートナーがいて、ホームスクーリングしている子供たちがいて、いつも家にいてくれることを喜んでいるペットたちがいるのですから。ですから、静かな場所を確保して気分を整えましょうというのは不誠実なのです。そこで、あなたをケアする6つのヒントをまとめました。


あなたをケアする6つのヒント

1. 自分で休憩時間を確保しましょう。 在宅勤務が問題ない人もいますが、うまくいかず、いろいろな感情が沸き出る人もいます。孤独感やストレス、フラストレーションを感じたり、心配になったり、やる気がなくなったりするかもしれません。新しいことを始めるときは調整期間が必要です。ですから、気楽に構えてください。あなたは一人ではありません。


2. 休憩時間をスケジューリングしましょう。 近隣の散歩、ランニングや階段の上り下り、10分のストレッチなどの休憩のリマインダーをアレクサやグーグルホームにセットしましょう。頭を休ませましょう。


3. ちょっとした雑談タイムを作りましょう。もはやコーヒーマシンの前で同僚を探すことはできません。以前と同じように人と交流する機会が失われています。人との交流は前向きな気持ちを維持するのに大切です。会社のSlackのようなチャット環境などに雑談チャンネルを作って、近況を報告し、思っていることを話しましょう。もしくは赤ちゃんヤギのビデオを共有するのもお薦めです。どうしてかって?赤ちゃんヤギはすごく癒されるからです。


4. 意識的に別の場所に移動しましょう。仕事のメールから離れてランチをしましょう。バーチャルで同僚と一緒にランチをしたり、プロテインをシェイクしたり、愛犬の散歩にいったりしましょう。庭で仕事をするのもいいでしょう。休憩をとることでリフレッシュでき、仕事に戻った時に生産性があがります。


5. 身体を大切にしましょう。背もたれのある椅子に座り、定期的に仕事する場所を変えて背中を休めましょう。電話対応時にハンズフリーヘッドセットやイヤホンを利用してみましょう。背中と肩をいたわってあげましょう。


6. 自分の時間を厳密に守りましょう。在宅で仕事をしていると仕事から離れにくくなります。仕事時間とルールを設定し、同僚や家族に伝えておきましょう。


チェックリストをダウンロード

新しいことに順応している期間の身体と心のバランスを維持するためのチェックリストはこちらです。印刷して、ご自身の心と体の健康をチェックしてみてください。


Shannon Tipton氏のプロフィールはこちらです。

リモートワークに取り組む皆様のお役に立てましたら幸いです。


現在UMUでは研修のオンライン化やオンラインセミナー・講義に関するご相談を無料で承っております。

リモート学習相談 毎日開催(無料)

https://learning.umu-japan-blog.com/posts/7792888

その他各種お問合せはUMUカスタマーサクセス(cs@umu.co)までご連絡ください。

==========================

新型コロナウィルスが世界的に拡大しています。

多数の犠牲者が発生した中国武漢の方々をはじめとし、国内においても世界においても、

感染でお亡くなりになった方に哀悼の意を表し、

現在感染で苦しんでいる方にはお見舞い申し上げます。

加えて、医療の最前線で従事している方々には、心より感謝と敬意を表します。

不安な時こそ、お互いを大切にして、いたわりや励ましの言葉をかけあい、

危機を一緒に乗り越えていきましょう。

==========================




UMU マイクロラーニング ブログ

人事、人材開発、学習する組織作りに関わる人たちへ。 最新のラーニングテクノロジーや、学びで企業の生産性を高める方法をお届けします。