ご好評につき第二弾を開催決定!ラーニングテクノロジーを活用した参加者主体の研修手法ワークショップ

第一回目の様子はこちら


研修で「講師がレクチャーすることがメイン」の時代は終わりました。

「参加者主体の研修手法」は、人材開発の世界的権威であるボブ・パイク氏が、長い研究と実践を経て確立した、「参画型」で「双方向」の研修方法です。


今回は、そのボブ・パイクの参加者主体の研修ノウハウを、ラーニングテクノロジー(UMU)を活用してより効果的に実施する方法を1日間に凝縮してお伝えさせていただきます。ファシリテーターとして集合研修の中ででのUMUの活用方法だけでなく、事前課題/事後課題での活用方法も含めすぐに使えるノウハウをお伝えさせていただきます。


《ワークショップ概要》

日時:2020年2月19日(水) 9:30~17:30 

場所: AP日本橋 6階 〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目6−2 

目的:ボブ・パイクの「参加者主体の研修手法」の主要なコンセプトを研修デザインに取り入れ、UMUを活用して参加者を巻き込むことができるようになる

内容:

・研修はイベントではなくプロセス ~事前・事後課題にUMUを活用する

・CORE ~クロージング、オープニング、リビジット、エナジャイザーにUMUを活用する

・ 研修デザインの基本コンセプトを学び、自分の研修にUMUをどう取り入れ、

 参加者をどのように巻き込むかを検討する

UMUの活用体験・内容:

 ・事前・事後の課題配信・実施体験

 ・ 研修中に参加者とインタラクティブにする方法を習得する

 ・研修後すぐに使えるテンプレートを持ち帰ることができる

費用:  66,000円(税込み)

講師: ダイナミックヒューマンキャピタル株式会社 代表取締役 中村文子

   ボブ・パイク・グループ マスタートレーナー

主催: ダイナミックヒューマンキャピタル株式会社

共催: ユームテクノロジージャパン株式会社

▼お申込みはこちら▼

https://www.d-hc.com/seminars/learning-technology-20200219/


▼関連ブログ▼

UMU マイクロラーニング ブログ

人事、人材開発、学習する組織作りに関わる人たちへ。 最新のラーニングテクノロジーや、学びで企業の生産性を高める方法をお届けします。