【1分解説】ラーニングテクノロジーを導入する4つのステップ

みなさま、こんにちは。

UMUラーニングデザイナーの宮下です。

9月9日の朝は鉄道がストップして大変でしたね!

影響を受けた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?こんな時、テクノロジーの威力が大いに発揮されます。弊社は本日、全員が基本リモート勤務で仕事をしていました。


テクノロジーによって働く環境が劇的に進化している中、 ラーニング/学習環境にも、大きなテクノロジーの波が押し寄せています。

この波は、みなさまも肌で感じていらっしゃるのではないでしょうか?

一方で、テクノロジーの導入は必要と感じながらも、どのような観点で、どのようなプロセスで検討を進めるべきか、 悩みを抱えていらっしゃる方も多いかと思います。 


今回は企業のシステム選定プロセスについて、少しご紹介させて頂きます。

学習にテクノロジーを導入したいと考えたら、以下の4ステップで検討を進めていくのがおすすめです。 



ステップ1: 明確な基準を設定する

まずは、明確な基準を設定します。

例えば、

・学習効果を高められるか

・コンテンツ作成は簡単か

・マイクロラーニングに適しているか

・モバイル学習に最適か?

・3ヶ月以内で始められるか? 

など、自社が何を重視して、どの課題を優先的に解決したいかという点です。

もちろんですが、この基準がなければ比較ができませんので、 非常に重要なプロセスです。


ステップ2: やりたい事リストと障壁の洗い出し  

次に、何をやりたいか、実現したいか、をリストアップします。

テクノロジーでできる事ではなく、みなさまが人材育成において、やりたい事や実現したい事からスタートするのが効果的です。

また併せて、導入前や導入後のプロセスにおいて、

どんな障壁が出てくる可能性があるか、リストアップします。

こちらを予め想定しておく事で、プロセスをスムーズに進行させられます。  


ステップ3: 次のアクションのアイディア

次のアクションについてアイディアを出し合います。

やりたい事や障壁を検討した後、何から始めるべきか考えておくと、プロセスがスムーズに進行しますので、決めておくことをお勧めします。


ステップ4: 追加での全体的なアイディア 

最後に、システム導入検討の全体としてもっと良いアイディアがないか、

各プロセスに問題がないか、など総合的なチェックをして頂きます。

UMUは最新のラーニングテクノロジーによって、時間や場所の制限を取り払った学習環境をご提供しています。

加えて、システム導入に関するご相談も受けておりますし、今回ご案内した内容について、ワークショップも実施可能です。

ご関心がありましたら、是非お気軽にご連絡下さい!


UMUは、企業や組織のパフォーマンスを向上させるために

革新的な機能とサービスを提供し続けております。

AIをベースとしたパフォーマンスラーニングプラットフォームーUMU

これからもぜひご期待ください!


あわせて読みたい

UMU マイクロラーニング ブログ

人事、人材開発、学習する組織作りに関わる人たちへ。 最新のラーニングテクノロジーや、学びで企業の生産性を高める方法をお届けします。