【1分解説】知識を定着させる3つの方法とは?

学習のあらゆる側面の中で、最も重要であることの1つは「知識の定着」です。

集合研修だけですと、知識の定着はなかなか難しいと考えられています。忘却曲線を見ると、繰り返しや補強がない状態では我々がいかに早く情報を忘れてしまうかよくわかります。 

1時間以内に、提示された情報の50%を忘れてしまう
24時間以内に、提示された情報の70%を忘れてしまう
1週間以内に、提示された情報の90%を忘れてしまう


1回限りの集合研修では豊富な情報を提供できますが、その情報が定着されていないと、従業員や企業にとってはほとんど役に立ちません。

ですので、知識が身につくために当たり前ですが、定期的に復習・練習することが必要です。

知識を効果的に復習するために、3つの方法をご紹介します。


学びを具体化する

まず、学びを具体化することです。

仕事に直結する学びは知識の定着を促進し、はるかに高い価値と関連性を提供することができます。


いつでもどこでもアクセスできる環境

次は、一口サイズのコンテンツをモバイルなどオンラインから簡単にアクセスできるようにすることです。これにより、従業員が必要な時点で学びができるだけでなく、パーソナライズされた自習型の学習もできます。隙間時間を活用したい従業員にとって、大きなプラスとなります。


アウトプット

最後に、知識をシェアする機会を提供することです。従業員同士が非公式的なつながりを通じて、知識をシェアしたり、獲得したり、共同作業できるようにすることで研修を強化できると考えられています。 


新卒研修でも、現在の従業員のスキルアップでも、他の部署から異動してきた従業員の教育のいずれであっても、トレーニングに投入するエネルギーとリソースは、優れた投資収益率(ROI)をもたらすべきです。短期集中学習からMOOC、リモートセッションまで、豊富なオプションがあるため、研修のフォローアップについて一度改めて考えてみてはいかがでしょうか? 


元の記事: https://www.hrdive.com/news/why-traditional-classroom-training-isnt-enough-for-todays-employee/518229/ 

※この記事は、元記事の一部の概要を紹介するものです。正確な内容はオリジナルの記事をご参照ください。 



あわせて読みたい


UMUは、企業や組織のパフォーマンスを向上させるために

革新的な機能とサービスを提供し続けております。

AIをベースとしたパフォーマンスラーニングプラットフォームーUMU

これからもぜひご期待ください!  

UMU マイクロラーニング ブログ

人事、人材開発、学習する組織作りに関わる人たちへ。 最新のラーニングテクノロジーや、学びで企業の生産性を高める方法をお届けします。