【人材開発業界国際イベントATDICE2019】ご参加の皆さまへBob Pike氏特別セッションのご案内

2019年5月19日~22日米国ワシントンDCで開催されるATD カンファレンスにて、ボブ・パイク氏が日本人参加者向け特別セッションを予定しています。 

UMUは今年もATDICEに出展します。UMUブースでは最新のラーニングテクノロジー、AIコーチングのデモや、著名スピーカーによるセッションをご覧頂けます。


ー日本人向けボブ・パイク氏特別セッションー

開催日時:5月21日(火) 現地9時30分〜

場所:UMUブース【#2127 】 

ボブ・パイク氏

「the trainer’s trainer」として、人材開発分野で世界的権威のひとりとされています。

彼は1969年以来トレーニングに携わっており、現在は第3版で「クリエイティブトレーニングテクニックハンドブック」を含む29冊の本を執筆および共著しています。

ボブ・パイク氏が、長い研究と実践を経て「参加者主体の研修手法」という「参画型」で「双方向」の研修方法を確立しました。

「参加者主体」の研修手法は、研修のテーマやコンテンツ、業界等を選ばず、どのような研修にも活用していただける手法です。

世界の5大陸で30万人以上のトレーナーが、この手法を学び、教え方を変化させてきました。その実績はボブ・パイク氏がatd (Association for Talent Development)の年次カンファレンスにおいて40年間、スピーカーを務め、人気トップ5に入り続けていることにも表れています。


\ATDICEについて/

ATDが主催する世界最大の人材開発・職場学習とパフォーマンス向上に関する国際カンファレンスです。

2018年のレポート

https://learning.umu-japan-blog.com/posts/4192953

今年は全体で約12のカテゴリー、480のセッションおよびワークショップが行われる予定です。

また、同時並行で開催されるEXPOにおいては、400以上のブースの出展が見込まれ、ラーニングとパフォーマンスの向上をサポートする様々な商品やサービスが紹介されます。


皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。 

UMU マイクロラーニング ブログ

人事、人材開発、学習する組織作りに関わる人たちへ。 最新のラーニングテクノロジーや、学びで企業の生産性を高める方法をお届けします。