Alexa&Technology&Bears:第47回LTEN年次総会を締めくくる

A Look Back at #LTEN2018

本日、LTENの編集長のTim Sosbeによる2018年年次総会の振り返り記事をご紹介します。


今までで最大のイベントとなった、第47回 LTEN年次総会が2018年6月12日から14日にかけて開催されました。1000人を越すメンバーが参加し、一緒に学び、交流する機会となりました。

2018年の総会では、14カテゴリー、70個以上のワークショップを含む110以上の個別セッションが開催されました。ラーニングビレッジの展示ホールでは、70を超えるサプライヤのブースと展示があり、さらに20分間のラーニングラボでのプレゼンテーションも行われました。

総会では、LTEN内のいくつかの専門的なcommunities of practiceのメンバーも招待されました。新しい分野のトレーニング、非営利トレーニング、および医療機器・診断トレーニングに参加するフィールドトレーナーのグループなどです。communities of practiceのメンバーは、一般的なセッションや交流会に加えて、特別に設計されたワークショップとセッションにも出席しました。

総会の各セッションやワークショップが記録されており、LTEN会員は、イベント後、閲覧やレビューできるようになります。ワークショップセッションの資料は、LTEN会員にであれば、オンデマンドで入手可能です。(https://www.l-ten.org/page/2018_LTEN_Materials)


第47回LTEN年次総会のハイライト

  • LTEN理事長David Fortanbaryによる、ヒューモグラムに注目したオープニングスピーチ、および会議中の出席者同士の対話にも使用されたAmazon Echo「Alexa」を含む、学習におけるテクノロジーのプレゼンテーション、ディスカッション、およびデモ。 
  • Connie Podesta、Chef Jeff Henderson、Lorella DePieriによる基調講演。
  • 初期のLTENリーダーSteve RauschkolbとBob RodmanのLTEN殿堂入り。
  • ティッピングポイントメディアによって革新された拡張現実のスカベンジャーハント。
  • AmgenのSuzanne Grizzelle、GileadのVickie Yau、RocheのJames Mullenがラーニングゲームで優勝しました。それぞれに年次総会で使用されたAlexaユニットが賞品として授与されました。
  • LTEN学習技術の専門家、Anders Gronstedtによる仮想現実と拡張現実についての講演。
  • LTEN理事会のメンバーによる変革と、変革の管理をめぐる問題についてのディスカッション。観客はSlido応答システムを使用して投票に参加したり、質問をパネルメンバーに送ることができました。  


第47回LTEN年次総会では、第4回LTENエクセレンス賞の授賞式も行われました。式典で、LTENはフェニックスチルドレンズホスピタルに1,500ドルを寄付しました。また、LTEN会員が毎年参加しているチャリティチームビルディングイベントで作られた200個のカスタマイズされたビルドアベアも寄付されました。このチャリティイベントはScrimmageが後援し、Bowen Searchが寄付されたビルドアベアのカスタマイズに使用されたアクセサリーを提供しました。授賞式の様子は、ライブストリーミングで閲覧できます。


LTENメンバーは、IC Axonが主催する特別な交流会や、Red Nucleusが主催するライブ、ゲーム、パーティを通じて、互いに交流を深めることができました。

第48回LTEN年次総会は2019年6月3日から6日までにテキサス州グレイプバインのGaylord Texanで開催されます。


UMUがLTENの戦略スポンサーとして、参加チケットを特別価格で販売しております。

ご興味がある方は、こちらをご覧ください。

お問い合わせ先:cs@umu.co

ー関連記事ー



 


UMU マイクロラーニング ブログ

人事、人材開発、学習する組織作りに関わる人たちへ。 最新のラーニングテクノロジーや、学びで企業の生産性を高める方法をお届けします。