新人研修を成功に導くための10のベストプラクティスとは?

新人研修プログラムの効果性は、従業員の生産性の向上、離職率の低減に対して大きく影響しています。 しかし、多くの会社がこの点についてそれほど意識していません。

あなたは優秀な人材を採用し、生産性が高いチームを築くことに成功しています。次にどのようにして新入社員の最初の数日と数ヶ月間をマネージメントするかによって、従業員のリテンションが大きく左右されます。 オンボーディングとオリエンテーションを混同しないようにしてください。ここでは、新人研修の10個のベストプラクティスを紹介していきます。


1. Make on-boarding part of the recruitment process

採用プロセスの一部として(新人研修)を含める

 
2. Link design to culture

デザインと文化を結びつける


3. Design a process not an event

イベントではなく、(新人研修の)プロセスを設計する


4. Make it Timely

新人研修をタイムリーに


5. Make it fresh

新人研修を新鮮に


6. Design something memorable

記憶に残るプログラムを設計する


7. Create a good first impression

良い第一印象を作る


8. Get Executives, HRs, and hiring managers involved

幹部社員、HR、採用担当、全員を巻き込む


9. Design to be inclusive

包括的にデザインする


10. Use an blended approach

ブレンディッドなアプローチ(ブレンディッドラーニング)を使う


より詳しく知りたい方はこちらの会員向け記事をご覧ください!


UMUは、ラーニングサイエンス(学習の科学)とラーニングテクノロジーを融合し、  

企業のパフォーマンス(業績や利益)を高める「パフォーマンスラーニング」を推進しています。 「モバイルラーニング」「ブレンディッドラーニング」「パフォーマンスラーニング」に

ご興味がある方は、ぜひcs@umu.coまでお問い合わせください! 


UMU マイクロラーニング ブログ

人事、人材開発、学習する組織作りに関わる人たちへ。 最新のラーニングテクノロジーや、学びで企業の生産性を高める方法をお届けします。