UMUクラス機能が新しくなりました(前編)

みなさん、こんにちは!

すでに気づいた方もいらっしゃると思いますが、先週、UMUのクラス機能がアップデートされました!

早速、たくさんの方々から「新しいクラス機能について教えてください!」のお問い合わせを頂いております。只今、マニュアルを準備しておりますので、まず概要についてコチラでご紹介します。

新しい「マイクラス」の特徴

  • UMUEnterpriseにもクラス機能が追加されました。(今回のリリースまでは、UMU無料版とUMUPro版しかクラス機能がなかったです) 
  • クラスリーダーボードとクラススペースが追加されました。 
  • クラスに「共同管理者」を追加することができるようになりました。共同管理者はクラスを削除することはできませんが、元の作成者と同じレベルで作成や編集を行うことができます。共同管理者は他のユーザを共同管理者として招待することもできます。クラスに入って、 右上の「連携」または「追加」より共同管理者を追加します。  
  • 「コース」ー「受講タスク」の中に、「クラス完了率」が追加されました。同じコースやセッションを複数のクラスに割り振った場合、クラスごとの進捗率完了率を確認することができます。

【リーダーボード】ー受講タスクの完了ランキング

クラスのメンバーの学習完了状況はランキング形式で表示されます。誰がよく学んできるか、今日一日のリーダーボード、昨日のリーダーボード、過去7日間のリーダーボード、そして今までの総ランキングは一覧で見ることができます。

【スペース】ークラスの掲示板 

クラスメンバーに受講してもらいたいコースやセッションを「タスクの割り振り」で行い、割り振られたコースやセッションが新着順にクラススペースで表示されます。 また、講師や共同管理者がクラス全員に対してお知らせを投稿することができます。 

クラスの作成、クラスメンバーの追加、クラスメンバーにタスクを割り振る手順は以前から変わってないので、詳細はコチラの記事をご覧ください。


UMUProとUMUEnterpriseの「マイクラス」の主な違い

①クラスへの招待方法の違い:

UMUProでは、アカウントを持っていないユーザをクラスに招待することができます。その場合はUMU無料版アカウントを作成し、アカウント名とパスワードをその人に通知することができます。一方、UMUEnterpriseでは、UMU無料アカウントを発行することはできないため、アカウントを持ってないユーザをクラスに招待することはできません。

②クラスに招待できるアカウント種類の違い: 

UMUEnterpriseでは同じエンタプライズプラットフォーム内のユーザまたは、UMUPro版、無料版ユーザを招待できます。他のUMUEnterpriseプラットフォームのユーザを招待することはできません。 

UMUPro版では、他のUMUPro版ユーザまたは無料版ユーザを招待することができますUMUEnterprise版ユーザを招待することはできません。


その他、クラス機能の活用方法やTipsなどは後編でご案内します。

ご不明点などがありましたら、お気軽にcs@umu.coまでお問い合わせください。


UMU マイクロラーニング ブログ

人事、人材開発、学習する組織作りに関わる人たちへ。 最新のラーニングテクノロジーや、学びで企業の生産性を高める方法をお届けします。