UMU編集部

記事一覧(92)

【1分解説】7つのコツ!従業員主導のフィードバック方法

 いくつかの統計から始めましょう。 調査によると、65%の従業員はもっとフィードバックがほしいと言っています。  人々はフィードバックを嫌って避けていますか?もしくは、フィードバックを求め、学び、改善のために利用していますか?フィードバックの内容よりも、どのようにフィードバックを受けたかの方が影響しています。Neuroleadership Instituteの研究によれば、従業員が主体性を持ってフィードバックを受けたほうが良い結果につながります。例えば、フィードバックに対して主体性を持つことで、このようなメリットがあります:恐怖とストレスの減少。従業員が説明責任を果たす時にもっと協力的です機会を待つことなく、より迅速に定期的にフィードバックを求めるようになります従業員は他の人のフィードバックを求めるようになり、潜在的な偏見を減らすことにつながります従業員は自分がさらに改善したいトピックやスキルに特定されたフィードバックを得ることができるようになります主体性を持つようになる、7つのコツさらに主体性を促進するための7つのコツは以下のとおりです。 従業員へ主導権の付与:マネージャーのコーチングを受ける前にどの分野について、よりコーチングやフィードバックが必要かを明確にする。説明責任:目標設定、結果のコミットメントと相互フィードバックを職務経歴書に明記し、コーチングの中で記録する。信頼と透明性の確立:従業員を信頼することがとても重要。信頼し検証する最良の方法は透明性を確立し、従業員を追跡できる中間的なマイルストーンを設定し、目標を達成するまでコーチングし続ける。組織文化づくりの優先事項として:相互フィードバックのプロセスはあなたの作った組織文化に大きく影響する。最初から、リーダーはオープンで従業員主導のフィードバックについて会話をかわしておくべき。コーチングを支援するツールやプロセスの提供:コーチングやフィードバックのツールというだけでなく、リアルタイムに、自主的に個人の必要に合わせたトレーニング資源にアクセスできるような力強いモバイルコーチングシステムが必要でしょう。従業員をエンパワー:本当の自主性とは、必要なフィードバックを、必要な人から、必要なタイミングで、正直な反応を、求めることが確実にできるようになるということです。それゆえ、コーチングは特定な機会に限定するのではなく、セッションを行ったマネージャ以外の複数のフィードバックを継続的に得られるようにしておくべきです。その他、現場のトレーナーやマーケティングチームメンバーなど、必要に応じて様々な人が現場の顧客訪問に同行し、コーチングのフィードバックとするといいでしょう。明確な規定と期待値の確立:従業員にフィードバックの主導権を握らせるということは決して、全てを自由にしたということでも、プロセスを放棄したということでもありません。実際、プロセスは以前より重要になっています。確実に、新しいフィードバックのやり方における期待値を伝え、全ての従業員にこのプロセスの一部に責任を持たせましょう。 元の記事:https://read.nxtbook.com/lten/focus/summer_2019/seven_tips_for_employee.html※この記事は、元記事の一部の概要を紹介するものです。正確な内容はオリジナルの記事をご参照ください。 あわせて読みたい

第2回「人財価値創出フォーラム」開催のお知らせ

人材不足が進む中、迫られている人材の価値創出。「人財価値創出フォーラム」第2回の今回は、『言葉にしづらいノウハウ、共有できていますか?』と題し、暗黙知かつ属人的になりがちなノウハウやスキルを、いかに組織内で共有し、社員を育成することができるのかを、今話題のHRテクノロジーを提供する企業や事例企業による講演と質疑応答を通し、ご紹介いたします。マイクロラーニングやVRを活用した「経験学習モデル」で実現する、これからの人財育成施策を考えるきっかけとなることを目的とした講演会です。どうぞご期待ください。講演内容基調講演ーHR Tech活用による次世代人材育成ソフトバンク株式会社人事本部 副本部長 兼 採用・人材開発統括部 統括部長 兼 未来人材推進室 室長源田 泰之 様人と組織のあり方が大きく変化する中で、人事部門においても採用や人材育成、タレントマネジメント等にテクノロジーを正しく活用し、多くの課題の解決に役立てていくことが求められています。本講演では、ソフトバンクでの人材育成ポリシーや施策を紹介し、次世代の人材育成に必要な要素や、今後の人事部門におけるテクノロジー活用の展望を解説します。特別講演①マイクロラーニング ✕ AI が企業パフォーマンスを変える!! UMUテクノロジージャパン株式会社
代表取締役松田 しゅう平 様今後3年以内に企業が大きな競争力を持つために最も重要な要素、それは企業内研修に「学習の科学」と「ラーニングテクノロジー」を取り入れることだといわれています。企業内研修への投資をいかに効果的に自社のパフォーマンス(業績や利益)につなげられるか、といったROIが大きなポイントとなります。一方、過去行われてきた多くの企業研修やeラーニングは、ROIやパフォーマンスという視点で研修効果を測ってきませんでした。「試験」や「レポート提出」「出席・動画視聴完了」を修了条件としてきたのです。企業内研修を企業のパフォーマンスにつなげたければ、研修の効果を研修後の実際の業務パフォーマンスで測定し、研修デザイン自体も受講者のパフォーマンス向上にフォーカスすべきです。本講演では、AIと人がどのように役割分担し、企業のパフォーマンスを高めることができるのか、「パフォーマンス直結型」の研修デザインについて実際の技術や事例をご覧いただきながらご紹介します。特別講演②ーUMUで変革する「育成とマネジメント」株式会社バイク王&カンパニー取締役 常務執行役員 大谷 真樹 様 / コンタクトセンター 髙浜 優一 様労働時間抑制や労働人口減少などが、社会的な課題となっている現代。「バイクライフの生涯パートナー」をビジョンに掲げるバイク王&カンパニーでは、バイクの販売から買取までを主な事業ドメインとし、「バイク王」ブランドで全国展開しており、会社全体で生産性向上や効率化をテーマに取り組んでいます。一方、拠点が離れたスタッフやリーダーの育成を進める中で、コミュニケーションやマネジメントのための時間が課題となりつつありました。

今年1月よりテスト導入している、UMUを活用した各拠点リーダーへの フィードバックなど、一部地域を対象とした取り組みをご紹介します。特別講演③ー爆発的普及期を迎える、VR研修の最新事例〜効果・メリットと注意点〜 株式会社ジョリーグッドマーケティング戦略部 部長 一見 卓矢 様国内でも導入事例のニュースが増えてきている、VRを活用した研修、社員教育。2D動画とは一体何が違うのか?どういった分野での導入が効果的なのか?導入の際の注意点は何か?いつから始めるべきなのか?

ジョリーグッドでの事例や海外での他社事例も交えて、明日から自社に必要か、具体的検討に入れるノウハウを隠すことなくお伝えします。また、研修と切っても切り離せない採用に関するVR活用についても合わせてご紹介します。開催概要・お申し込み開催日時  2019年9月25日(水) 13:00-16:30 (受付開始 12:30) 会場    日比谷図書文化館 B1F 日比谷コンベンションホール (東京メトロ霞が関駅、JR新橋駅等より徒歩) 入場料   無料 (事前登録制) 参加対象者 ノウハウの共有について課題を抱えられている方 / HRテクノロジーの活用を検討されている方 など 主催    日本サード・パーティ株式会社協賛    UMUテクノロジージャパン株式会社お申込   https://www.jtp.co.jp/seminar-entry/ (※日本サード・パーティ株式会社のサイトにアクセスされます)

【活用Tips】学習者のモチベーションを高める仕組みーUMUのポイントシステム

研修をイベントで終わらせない、ラーニングジャーニーをデザインすることがとても重要です。研修をデザイン、ファシリテートする側として、どのように学習者のモチベーションを向上させるのか? 本日は、学習者のエンゲージメントとモチベーションを高める仕組みーUMUのポイントシステムをご紹介します。 UMUのポイントシステム UMUでは、二つのポイントシステムがあります。それは「全体的なポイントシステム(UP)」と「各コース毎のポイントシステム」です。その二つのポイントシステムは何が違うのか?どのように活用するのか一緒に見ていきましょう!UP(UMUポイント)のポイントシステム(設定の変更が不可)
対象:トレーニング側、学習者側のUMUの全てのユーザー
 UPはユーザーのトレーニングと学習の腕前を測るものです。ユーザーがプラットフォーム上でアクティブになればなるほど、そして多くの人に影響を与えれば与えるほど、ユーザーのポイントは高くなっていきます。例えば、日々ログインしたり、コースを作成したり、課題を完了したりする時はポイントを与えられます。
ですので、UPが高いユーザーは積極的に学習していて、トレーニングしていて、多くの人に影響を与えているということですよ! ★UPはどこで確認できますか? ・UMUPRO版のユーザーは、自分のUPはマイページから確認できます。また、UPはレベル21に達したら、動画アップロードの権限を与えられます!

【無料セミナー】テクノロジーを活用し教え方・学び方のパフォーマンス向上に繋げる「パフォーマンス・ラーニング」セミナー

現在多くの組織で働き方の多様化が進み、職場のメンバー同士が顔を合わせて仕事をする時間が短くなっています。 
従来のように時間をとって、集合研修をするOff-JTや上司・先輩が直接仕事を教えるというOJTだけでは、人材育成が間に合わない時代になっています。
 また、こうした状況を補完すべくデジタルツールの普及やAIの登場により、「パフォーマンス・ラーニング」※という新たな領域が生まれました。パフォーマンス・ラーニングとは?ラーニングサイエンスとラーニングテクノロジーを融合し、「標準学習」と「パーソナライズ学習」の2つを効果的に組み合わせた教え方、学び方で、研修を「低コスト」「高い生産性」「高い効果性」で実現することを可能とするものです。様々な働き方をする社員にあわせた学習プログラムを考え、そのフォローや職場展開への支援まで検討・デザインすることにより学びを向上させることが重要です。そのためにも、社内での実務を理解した人材が、テクノロジーを効果的に活用し、トレーニングスキルや、デジタルツール、ラーニングマネジメントスキルについての知識を習得し、適切な教育を展開することが必要となります。本セミナーでは、「パフォーマンス・ラーニング」についての基本的知識や活用事例をご紹介しながら、効果的な学習の場をデザインできる人材の育成方法をご紹介します。このような課題はありませんか◆現在の社内教育の展開の仕方に限界を感じている 
◆デジタルツールを活用した効果的な人材育成の方法を知りたい 
◆職場実践に繋げるための施策を探している◆各階層に応じた効果的な社員教育の展開方法を検討している◆社員教育にイノベーションを起こして組織の業績を上げたいと考えている  本セミナーで得られるコト◆ラーニングテクノロジーを活用した効果的な社員教育への展開方法が理解できる◆最新のラーニングテクノロジーに触れることができる◆組織のパフォーマンス向上につながる体系的な社員教育のモデルを習得できる
 講師紹介

【事例】新人の不安をモチベーションに変えるフォローアップ

みなさま、今年は例年に比べて夏の到来が早い様に感じますが、いかがお過ごしでしょうか?そんな暑い中、まだまだ不慣れな仕事を一生懸命頑張っている新入社員を励まし、イキイキと活躍してもらうためのフォローアップについて、実際の企業事例を交えながらご紹介させて頂きます。新人が不安に感じている事新入社員の人達は何に不安を感じているでしょうか?明日に迫ったプレゼンの事、決してプラスとは言えない上司への報告、初めてのお客様への訪問、などなど、様々な不安を抱えているでしょうし、全てを一度に解消することはできません。しかし、これらの不安の一部でもモチベーションへと転換できれば、新入社員の成長スピードが上がり、組織全体へも良い影響をもたらせます。本日ご紹介したいのは「将来に関する不安」を、モチベーションに転換するフォローアップについてです。UMUをご導入頂いているある企業様によると、若手の退職理由として「将来の自分が想像できなかった」「キャリアが上がるとどんな仕事ができるのか分からない」などが多かったそうです。UMUによってその不安を解消するだけでなく、学習を組み合わせる事でより効果的に活用頂きました。先輩社員のストーリーまず不安を解消するための取り組みです。それは「先輩のストーリー」の掲載です。

【無料セミナー】マイクロラーニングのユーザー事例セミナーの開催

皆さま、こんにちは!本日は弊社ユーザ企業様が登壇するセミナーのご案内です。今回は、「マイクロラーニングの活用による、自ら学ぶ組織づくり」をテーマに、UMUのユーザ企業さま、トランスコスモス株式会社の木幡氏、的場氏が登壇し、現場での「自ら学ぶ組織づくり」の取り組みをご紹介致します。このセミナーは無料の公開セミナーです。定員が限られているためご興味ある方は是非お早めにお申し込みください。  プログラム1.ごあいさつとトピックス紹介(10分間)
 マイクロラーニングコンソシアム 代表理事 川口 泰司2.セミナー&ディスカッション (70分間) ユーザー事例研究「マイクロラーニングの活用による、自ら学ぶ組織づくり」  <スピーカー>トランスコスモス株式会社デジタルマーケティングECコンタクトセンター統括デジタルエクスペリエンス本部 サービス管理統括部サービス管理部 ナレッジマネジメント課木幡 正彦 氏トランスコスモス株式会社デジタルコミュニケーションセンター総括サービス管理本部 品質保証部 人財開発課的場 章子 氏<ファシリテーター>マイクロラーニングコンソシアム 代表理事 川口 泰司3.ネットワーキング(10分間) 開催概要【日時】2019年8月27日(火)17:30-19:00 【会場】サイコム・ブレインズ株式会社 会議室(東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7F)アクセス:https://www.cicombrains.com/about/access.html 【定員】30名(先着順に受付をいたします) 【参加費】無料【お申し込み】参加申し込みフォームにご記入ください