プロのような映像を撮影するためのヒント。

より良い映像を作成したいと思った時、時間やお金さえあれば、どんなレベルの映像でも作成は可能です。が、、、映像制作に時間やお金をかけられる人はごく僅かです。


UMUはでは、映像制作に時間やお金を充分にかけられないコンテンツ制作者の皆さまに、お持ちの知識やノウハウをスピーディーかつ、クオリティ高くコンテンツとしてアップロードしていただける場所として最適なプラットフォームを提供しています。


プロとアマチュアの違いとは?

一番のポイントは、引き込まれる映像や伝えたいメッセージが確実に伝わるような構成ではないでしょうか。プロはどのように見栄えの良い映像を作るのでしょうか?

そこにあるのは機材の違いなのでしょうか?


本日のブログでは、プロのような見栄えのする映像を撮影するや、素人っぽい見栄えを避ける方法についてご紹介させていただきます。


プロが扱うカメラは約100万円以上する高価なものがほとんどです。

そしてプロのカメラを全ての人が持てる訳ではありません。


ここでは、お持ちの家庭用ビデオカメラやスマートフォンでも、まるでプロのカメラで撮影したような、視聴者を引き付け、メッセージを理解することに集中してもらうための方法など、ハイクオリティな映像を簡単に撮るためのテクニックをご紹介いたします。


内容に沿った適切な撮影場所を選ぶ 

作成したい映像のストーリーを伝えるために、場所を選ぶことは非常に重要です。

たとえば、エンジニアの講師にインタビューする場合には、エンジニアがイメージできるようなパソコンが並ぶような場所で撮影し、講師がエンジニアであることが見ただけで分かるようにします。


このように、ちょっとした工夫で、視聴者に理解をするための負担をかけずに伝えることができるのです。漫画などは特にこういったことに気をつけて、なるべくその場の状況を文字ではなく、絵で描かれていることが多いですよね。


撮影場所で発生する音に気をつける 

場所を決める時には、環境音などにも気をつけましょう。

工事をしている場所が近くにないか、地域によっては決まった時間に街にアナウンスが流れることもあるかもしれません。せっかく良い映像を撮影していたのに、音に邪魔をされて撮り直しにならないためにも非常に重要なポイントです。


内容に無関係なもので気が散らないようにする

撮影しているときには、被写体に集中するあまり、人以外に映っている部分に注意がいかなくなってしまいがちです。

後日、動画編集をしている時に、内容に全く関係のない映り込みがあり困ったことはありませんでしょうか。 

オフィスで人事部からのメッセージなどを撮影する場合、ストーリーに関係のない物が机の上にないかを確認します。 机の上に、映ってはいけない書類や個人情報などはありませんか? 発言をしている人以外に目立つ(気になる)要素はありませんか?


照明 を少し気にしてみる

意外と重要なのが照明です。UMU(ユーム)開発者のDongshuo Liも照明には特にこだわっています。

撮影する時、カメラにこだわることに集中しすぎて、照明(明るさ)のことは後回しになっていませんか?

ほとんどの家庭用カメラは、暗い照明ではうまく写すことができないので、映像が暗く不鮮明になってしまいます。ですので、自然光のある場所を見つけるか、プロ用の照明を使って被写体を照らすなどの工夫が必要になります。


ここでは誰もが照明について配慮できる、自然光について詳しく説明します。

まず確認する必要があるのは、メインとなる光源です。このことを、「キーライト」と言います。


屋外で撮影する場合:太陽光がキーライト

屋内で撮影する場合:天井にある蛍光灯や、窓から入ってくる太陽光


キーライトが被写体に当たるようにする必要があり、被写体の背後から光を当ててしまうと、影が出てしまうため、被写体に暗い印象を与えてしまいます。ですので、インタビューの時に窓側に人を座らせてしまうと、背後から光が当たり影ができるので、注意が必要です。


キーライトは被写体に対してどの位置からあてると良いのかも撮影前にテストが必要です。


例えば、オフィスにある蛍光灯の場合、被写体の真上に配置してしまうと、被写体の目の下に影ができてしまい暗い印象を与えます。 とにかく、「影」ができないように、照明をあてることが必要です。 「影」を消すだけでまるで、プロのスタジオで撮影したかのような仕上がりになります。 蛍光灯を使って撮影をする場合、被写体の真上に配置するのではなく、少し横にずらした方が影ができる大きさを減らすことができます。 


目線の位置を気にしてみる 

カメラは視聴者の目に相当します。 被写体がずっとカメラ目線だけを続けると、視聴者にインパクトを与えるどころか疲れさせてしまうかもしれません。

ポイントとなる重要な部分だけ、カメラ目線をしてみることが映像に強弱をつけることができるのではないでしょうか。


屋外で綺麗に撮影する方法

 日中(昼)に撮影するのは避ける。この時間帯には、太陽が真上にあり、光が最も強いので、肌が青白く乾いているように見えてしまいます。

撮影に適した時間は、午後か朝です。この時間には、太陽の角度が低く、光が拡散しているのでオススメです。


雲がある日は雲の位置を気にしましょう。 雲があると、影ができる位置が急に変わったりします。 映像の編集をしている時にカット編集をした途端、まるでシーンが変わったような色味になっていると、視聴者に違和感を与え、せっかくの素材が台無しです。


これは、良い映像を撮るほんの一部のお話です。


こだわればこだわるほど良い映像を撮ることができますが、お忙しいみなさまはそこに時間をかけることもできないと思います。


なるべく簡単にシンプルにそれなりの質で仕上げ、 大切なのは、中身です。


そして、その中身をどんどん改善し続けることが重要だとUMUは考えます。 


http://www.umu.co