6つのヒント→脳のしくみに基づき行動を変化させる

本日はATDのブログからBritt Andreatta氏の

「脳の仕組みに基づいて、実際に行動を変化させるための6つのヒント」

というコラムをご紹介させていただきます。

少し古い記事ですが、昨今話題に上がっている「脳や認知科学」を取り入れた学習という意味ではまだまだ役立つと思います。


Bersin by Deloitteによる最新のレポートによると、学習・人材開発に対し、かつてないほどの投資が行われているとのことです。 しかしこの調査によると、学んだスキルの90パーセントが1年以内に失われてしまっているそうです。 

学習が「持続可能な真の行動の変化」につながらないのであれば、投資が無駄になります。

学習が能力開発の手段であることを考えれば、従業員の能力開発を望む企業・組織が、学習・人材開発に期待するのは当然と言えます。 

しかし問題は、効果が上がるように学習がデザインされていない場合があることです。

「脳の仕組みに基づいて、実際に行動を変化させるための6つのヒント」

 Tuesday, September 08, 2015 - by Britt Andreatta https://www.td.org/Publications/Magazines/TD/TD-Archive/2015/09/Six-Tips-for-Working-with-the-Brain-to-Create-Real-Behavior-Change?mktcops=c.sol&mktcois=c.learning-memory~c.training-delivery~c.research-into-practice&mkttag=c.original-official-blog-cat-astd-membership


ここでは、脳が学び、記憶し、習慣を形成する能力を最大化するような学習をデザインするための主要な原則を明らかにします。

私は学習の専門家として、神経科学の研究に深い関心を寄せてきました。そこから学んだことは、トレーニングのデザイン・提供に対する私のアプローチを真に変化させました。 このような研究には、私がかなり前に試行錯誤を経て学んだことを確証するようなものも、自分の仕事に対するアプローチを完全に変えさせるようなものもありました。 私が考えた6つの原則を以下に紹介します。


ヒント1: 脳の仕組みを活用する

人が情報を取り入れ、その情報を記憶に保存し、学んだことを使って永続的な真の行動の変化を起こす上で、脳のさまざまな部分が重要な役割を果たしています。 脳の仕組みとその自然なプロセスを活用しなければ、どんなに評判のいい学習プログラムであっても、長期的には結果を残すことができないでしょう。

これからのタレント開発の専門家には、脳科学の動向に通じていることが絶対に必要とされます。 脳や神経システムの仕組みについての研究の進歩によってのみ、学習関連の製品やサービスを向上させることができるのです。

学習に関与する脳の部分には、海馬、扁桃体、大脳基底核などがあります。 最良の学習体験をデザインするには、学習の神経科学を理解し、尊重する必要があります。

ヒント2: 学習には、まず集中が重要である

海馬とは、情報を取り入れ、それを記憶に移動させる脳の部分のことです。 この部分が損傷すると、過去の記憶にアクセスできなくなり、新たに記憶することもできなくなります。

海馬は、記憶装置やデータドライブのように機能し、このようなデバイスと同様に「オン」ボタンがあります。 生理学的にいうと、人が目や耳を使って何かに注意を向けると、海馬が記録をはじめます。 University of WisconsinのRichard Davidsonは、これを「位相ロッキング」と読んでおり、これがすべての学習の開始点となります。

だから学習の専門家は、集中を促進するような学習環境をデザインする必要があり、学習しながらマルチタスクが可能であるという誤った考えを払拭する必要があるのです。 研究によると、人の注意が分散すると、2つのアクティビティの間で焦点が交互に切り替わります。これは、スイッチタスキングとも呼ばれています。

海馬は、注意を向けようする対象の両方について、重要な情報を失ってしまいます。 これによって、海馬が捉えようとしている学習データに欠落が生じ、それを取り戻すことができなくなります。

海馬に関して、うれしくない事実があります。 それは、海馬が処理し、短期記憶に送り込むことのできる情報の量には限界があることです。 研究によると、最大量は、約20分相当の情報だということです。

講義スタイルのセッションが、記憶の保持に効果的であったためしはありません。その理由はもう明らかですね。講義型の学習は、脳の自然な機能に反しているのです。 でも、他の多数の学習活動によってこれを補うことができます。

海馬に必要とされるのは、数分をかけてデータを短期記憶に送り込むことであり、それが終われば、同様の処理をさらに行う準備ができます。 私は現在、自分が提供する学習アクティビティのすべてを15分の情報チャンクに区切っています。そしてその後に、ペアで行うディスカッションや、振り返り、体験アクティビティ、休憩など、情報を処理するためのアクティビティを行うようにしています。

このようにすれば、このようなミニモジュールを1つの長いセッションにまとめることができます。ただし私の場合、自分が脳に関して学んだことに基づき、半日より長いセッションを提供することはありません。 このアプローチを採用して以来、理解度、記憶の保持、最終的な行動の変化の面で、学習イベントの効果が実際に向上しています。

学習は、集中することによる利点がある唯一のアクティビティではありません。 Daniel Golemanの最新の著作『Focus: The Hidden Ingredient in Excellence』には、集中することが、リーダーシップや意思決定、クリエイティビティなどに与えるプラスの影響が詳しく説明されています。

ヒント3: 記憶の秘訣は関連付けにある

海馬が学習を開始すると、まず、その学習内容を短期記憶に移動し、最終的には長期記憶に保存します。 この場合も、脳についての知識が、これを自然に行うプロセスを活用する上で役立ちます。

研究によると、人がすでに知っていることに学習を関連付けたときに、それを保持し、思い出すことができる可能性が最も高まるとのことです。 知識は、スキーマとして脳に保存されます。スキーマは、経験を通じ、時間をかけて構築されます。 たとえば、バナナのことを思い浮かべると、その色や形、味、匂い、自分がそれを好きかどうかなどが即座に思い出されます。

スキーマは神経ネットワークであり、追加されることによって、強く大きくなります。 私はベネズエラに旅行したことがあるので、私の持っているバナナに関するスキーマには、普通よりも小さくて甘いバナナや、焼きバナナなども含まれています。

タレント開発の専門家は、学習者の脳にすでに存在しているスキーマに新しい学習内容を関連付けることにより、この自然なプロセスを利用することができます。 よい先生は、無意識的にこれをしています。 微分・積分、ソフトウェア、リーダーシップなど、教える内容にかかわらず、学習者の既存のスキーマに関連付けやすいよう、抽象的な概念を具体的な方法で説明しています。

私は、研究を主とする大学の学部長を務めたことがあるので、これこそが、数学や科学の最高のインストラクターを他と区別するポイントであることに気付きました。 優秀なインストラクターは、若者の心にある既存のスキーマへの関連付けを行う才能に恵まれており、複雑なことを分かりやすく、簡単にすることができます。

では、自分が教える学習者のスキーマを活性化するには、どうすればいいでしょう? これにはまず、学習者の物の見方を考慮します。 学習者について知ることにより、自分が何に取り組めばいいのかがわかります。学習の専門家の多くは、ベビーブーマーには理解された例がミレニアル世代には通用しなかったという、世代の異なりに関する問題を経験しているはずです。 どのような学習デザインやファシリテーションも、まず「教室にいるのはどのような人であり、その人たちがすでに知っていることに対して意味のある関連付けを行うにはどうしたらいいか」を問うことからはじめるべきです。

私が変えたもう1つのことは、1つのモデルではなく、いくつかの異なるモデルや例を使うことです。 私は、このアプローチを採用すれば、最低でも1つは当たる可能性が高いので、より多くの人のスキーマを活性化することができます。 また、このアプローチには、異なるモデル同士を関連付けるという別の利点もあります。

たとえば、チェンジマネジメントを教えるときには、組織開発のモデル、人間が変化に対して心理的にどう反応するかの研究結果(チェンジカーブと呼ばれているもの)、そ

して脆弱性に関するBrené Brownの業績を使っています。 これらのモデルを合わせて使うことにより、変化が避けれられず、変化は難しいことの「理由」と、その「程度」を示すことができます。 また、変化に伴う錯綜した状況を示すこともできます。これにより、変化を適切にナビゲートする方法についての洞察を得ることもできます。

私は学習者に、これまでに経験した変化を2つ思い出してもらいます。1つはうまくいった変化、もう1つは難しかった変化です。 これにより、それぞれの記憶だけでなく、変化についての個人のスキーマが活性化されます。 変化を効果的にリードする実地演習とこれを組み合わせると、非常に強力かつ永続性のある結果を得ることができます。

ヒント4: 記憶を定着させるには3回の想起が必要

脳科学から得られた最大の洞察の1つは、人の記憶が形成される方法に関連するものです。 概念の学習に関しては、想起(学んだ内容を思い出すこと)を通じて学習が長期的に記憶されることが明らかになっています。

たとえば今日、私は皆さんに神経科学について教えています(読むことは、学ぶ方法の1つです)。 私が皆さんのスキーマを活性化することにより、皆さんが「aha moment(突然のひらめきや納得)」を体験するかも知れません。 しかし、学んだことを後から想起しなければ、結局はそれが脳から追い出されてしまいます。

想起は、自分が学んだことを他の人と共有する、それが過去の経験とどのように関連するかを考える、実際にやってみる、自分で自分に質問することで理解度を試すなど、さまざまな方法で行われます。 インストラクショナルデザイナーが学習イベントに想起を組み入れれば、学習者がそれを独力でできるようになるための支援となります。

これこそが、優れたプレゼンターと優れたインストラクターを区別するポイントです。 優れたプレゼンターは、聴衆のスキーマを活性化させ、完全に楽しめるような心地よい体験を作り出します。 人は通常、このようなプレゼンターやプログラムに満足し、高く評価します。 しかし、想起が起こらなければ、数週間後、数か月後には、学んだことが消えてなくなります。 人は確かに、それでもそのプレゼンテーションが素晴らしかったと言いますが、学んだことの大半を思い出したり、結果として自分たちの行動を変えたりすることはできないのです。

研究によると、効果を得るには、最低でも3回の想起が必要であるとのことです。 記憶に関する研究により、3回の想起が、記憶の正確度と保持のために最適であることが示されています。 さらに回数を重ねることも可能ですが、3回が最適であるようなので、私は、想起に関するこの数字を自分の学習デザインに取り入れています。 1回の学習イベントに3回の想起を組み入れることはできますが、日をおいて思い出すと、一層強力になります。


ヒント5: 学習の間に睡眠をはさむ

睡眠中の脳は、長期記憶の形成に大きな役割を果たしていることがわかっています。 人の脳では、その日に学んだ情報が睡眠中に短期記憶から長期記憶に移動されます。 その日に学んだことを脳が既存のスキーマに加えるのは、眠っているときであり、このときに、神経経路が物理的に構築・強化されます。

また、このタイミングでちょっとした掃除が行われます。 人は毎日、何千という情報を取り入れますが、どの情報を覚えておくべきかを脳が選択するのは、睡眠中です。 また、すでに長期記憶に入っている項目も再検討され、しばらく活性化されていない情報が削除されます。

アニメーション映画『インサイドヘッド』では、このプロセスが的確に描写されています。 Rileyが眠っているときに、その脳の中にいる小人が、アメリカ大統領の名前の大半を掃除機に吸い込んでしまおうと決めます。

では、学習イベントの効果を高めるには、睡眠をどのように使ったらいいでしょう? これには、反転学習やブレンド型学習を使います。

私は現在、数日前に学習者に事前学習をさせ、教室では、実地演習を使って学んだ内容を深めています。 また、学習イベントの後には、学んだことをふり返る機会や、リソースを与えています。 たとえば、リーダーシップトレーニングをデザインする場合、関連するオンラインコースをlynda.comで見ておくように学習者に依頼します。 これは自分の都合に合わせて行うことができる上、一部の内容を教えなくてもすむので、教室では、より的を絞った取り組みに時間を使うことができます。

教室では、スキルの実地演習に力を入れます。 学習イベントの後には、スキルをさらに高めるための追加の学習教材(TEDのリンクや、関連記事、アセスメントなど)を与えます。

このブレンド型アプローチにより、間に睡眠を入れた3回の想起を行うことが可能になります。これは、形成しようとする行動を習慣づけるためのきっかけとなります。


ヒント6: 習慣をデザインする

究極的には、ほとんどの学習アクティビティの目的は、行動を変化させることです。 学習の専門家は、トピックにかかわらず、学習者が新たな行動や、より適切な行動を身に付けるように努める必要があります。

Charles Duhiggの『The Power of Habit』は、私の自分の仕事への見方を変えた本です。 Duhiggはこの本で、大脳基底核がどのように習慣ループを形成するかについての科学を示しています(キューやトリガー、行動ルーチン、そのルーチンを繰り返すことの見返りなど)。

時間が経つにつれ、習慣が神経経路に深く刻み込まれ、コンピューターへのログイン方法や、会社への行き方などのように、ほぼ自動的に行われるようになります。

行動を変化させようとする場合には、現在の習慣がどのようであるかを考え、現在の習慣の心地よさよりも、説得力があるような、新たな望ましい習慣を形成する方法を考える必要があります。

私は、自身のことを習慣デザイナーであると考えています。 私の学習デザインはすべて、形成しようとする習慣を特定することからはじまります。そして、そこから逆方向にデザインします。 想起が、概念の学習を記憶に移動する鍵となる一方、反復は、習慣デザインの鍵となります。 神経細胞を刺激すればするほど神経経路が強化され、神経細胞が太くなったことを測定できるほどになります。

タレント開発の専門家の仕事は、人の潜在能力を伸ばすことにあります。 企業・組織全体およびそこに属するすべての人が、自身では意識していない能力を備えています。だから、学習の専門家は、自分が提供する学習体験を通じてその潜在能力を伸

ばす必要があるのです。 脳の自然なプロセスや神経システムを考慮することにより、自分の仕事とインパクトを最大限に高めてください。




学習が「持続可能な真の行動の変化」につながるよう、上記6つのヒントが参考になれば幸いです。是非効果が上がる学習デザインに取り組んでみてください。
http://www.umu.co