UMU認定アンバサダー

EXEUP株式会社 代表取締役
プログラム開発者・講師

角谷リョウさん

UMUを実際に使って…

最初はセミナーや研修の場で「UMU」を使い全員の意見や感想をセミナーの最中に聞くことから使いました。

UMUを使う前に比べて、受講者との距離感は格段に上がったと思います。一部だけでなく全員の意見が画面上に反映されるので、受講者は講義が「自分ゴト」になっています。進行側の僕も受講者たちの意見に合わせて、内容をアレンジできるので今までにないキャッチボール感を楽しんでいます。

ハイパフォーマンスなカラダを作るための「選択」やヒントを動画で発信。

専門家やハイパフォーマーのおすすめ「習慣」や、ここでしか観れない専門家の本音など、角谷リョウさんが自ら取材に行き普段聞けないようなことを面白く、かつ「そうなんだ!」と気づき学べる内容の詰まったコンテンツです。

▼角谷さんのUMUの画面▼


角谷さん開催のセミナー会場でUMUを使って、参加者の今のカラダの状態をチェック!

ハイパフォーマンスなカラダ作りをする前に、今の自分はどんな状態かここで調査!匿名なので、画面に名前が表示される心配はありません。この会場でどれだけの人が、日々の生活を意識して過ごすことができているかチェック!会場の場が和む瞬間です。

今はeラーニング機能では僕のジャンルの第一人者たちの取材動画を整理してアップしています。今後は僕がリアルで行っている研修を分割していつでも復習したり、オンラインだけで受講できるようにしていきます。さらに研修と研修の間の行動変容に必要なサポートをUMUを使っていこうと思っています。


研修1回にあまり多くを詰め込みすぎると「消化不良」になりますから研修自体には「基本原則」「気づき」「最初のステップ」を中心に行い、その後はUMUを使って適宜「問題解決のヒント」や「さらなる応用の仕方」などを配信しようと思っています。

UMUはアイディア次第でいろんなことができそうなので、これから今想像できないような使い方ができると期待しています。


UMUをぜひお試しください

無料トライアル登録で、UMUを実際に使ってみてください。

今なら、お試しで下記内容を含めたコンテンツを無料で作成することができます。

・イベント(セミナー・会議・研修の現場で使える最適なコンテンツ)6つまで作成
・セッション(自習用のコンテンツ)6つまで作成

etc...